雑誌掲載
ホーム > 雑誌掲載

ホイール修正 雑誌掲載

掘り出し中古パーツ [H16.11]

疲れたホイールに輝きを
VIPCAR [H15.10]

ホイールに注目が集まる
今だからこそ気になる
ホイール修正という選択肢

キャルマガジン [H15.7]

GTO a GoGo!
極貧アメリカ車ライフ継続中!

トレンドワゴン [H15.2]

ホイールの傷に困ったら
まずこちらに相談すべし!

モーターマガジン [H12.2]

職人の道具
「ホイールリペア職人」

超ハードコアを可能とする夢のボルトオンキットが登場

  今やロンホイが定番となったビッグスクーターカスタムの中でも、最近際立っているハードコアなジャンルがリンク式や4輪ホイールの装着だ。これまでは、例えば
マジェスティをリンク式にするためには大規模なフレーム加工が必要であったり、場合によってはCJ43スカイウェイブのエンジンをスワップ装着することが大前提であった。こうなると、予算は飛躍的にアップしてしまい、お財布事情をだいぶ圧迫していたことだろう。しかし、これらロンホイ・リンク式・4輪ホイールスワップが全てボルトオンパーツで可能だったらどうだろう? おそらくカスタムの予算は半額以下で済むはずだ。

 マルゼンオートが開発した、段階的にステップアップできる、これらボルトオンキットは、現在のハードコアカスタムシーンに一石を投じることになるはず。なぜなら、誰もが気軽にリンク式や4輪ホイール装着ができるようになるからだ。それにボルトオンパーツであることは、一般的なカスタムの知識があれば、自分で作業して取り付けることもできる。つまり工賃の面で見ても節約可能というワケだ。

 今回トライブでは、そんなマルゼンオートのボルトオンパーツを徹底取材!!今後のカスタム戦国時代の行方を占う最強のキットの中身をお届けしよう!!

さらにハードさを求めるなら、モノサスにチェンジ!

二本サスの車両を一本サスにできちゃうパーツが出た!
 
サスペンション形式をスカイウェイブ(CJ43)のものに変更するというハードカスタムは、今まで突出したカスタムショップの作るデモ車に施されているのが一般的でした。でもそんなカスタムの垣根を打ち破るアイテムがマルゼンオートからニューリリース。なんと、このさす形式の変更をボルトオンキットで可能にしてしまったのです。これがあれば、写真のようなスッキリしたリア周りがすぐに完成しちゃいます!

続々登場!17インチホイール
ボルトオンきっとも発売予定!

17インチホイール取り付けキット
価格未定(11月末発売予定)
 マルゼンオートでは、現在17インチホイール装着のボルトオンキットを開発中。ワイドなリア周りがボルトオンで手に入るぞ!

なんとツインサスをモノサス仕様に変換可能なアイテムがリリース間近!

マルゼンオートからリリース間近のボルトオンキット

 ビッグスクーターの場合、通常のツインサスに比べてスポーティな印象に変わるモノサス仕様。マジェスティ(4D9)やスカイウェイブ、TMAXはモノサススタ
イルでサスペンションのシリンダー自体はボディ内側に隠れる構造になっている。そのため、ローダウンしてもリア側に空間が出来てホイールや駆動部分を見せられるので、ドレスアップ効果も高い。
 そんなモノサススタイルを求めるオーナーも多く、特にマジェスティ(5SJ)などはプロアーム(片持ち)タイプのCJ43エンジンをスワップしたスタイルの車両が増加中だ。ただ、エンジン自体の料金とワンオフ加工代金がががってしまうので、料金的な問題でこの手のカスタムを躊躇していた人も多いはず。
 そんなオーナーさん達に朗報です。なんとマジェスティ(5SJ)をモノサス仕様しするボルトオンキットがリリースされます。しかもキットの料金自体は約12万円ということなので工賃を入れてもエンジンスワップよりもお得。さらに車高調整アジャストボルトを採用しているので40mmの調整幅も確保している。これはこれからのカスタムの革命を起こす新たなアイテムになりそうな匂いがぷんぷんしますぞ!


※クリックすると拡大します。

ページ上部へ